The Reverberator

メモ用

被虐待児の親権と母親の性的指向に対する攻撃

キャロライン・M・バイヤリー『子どもが性被害をうけたとき お母さんと、支援者のための本』(宮地尚子、菊池美名子、湯川やよい 訳)より

子どもを自分の夫に虐待された母親なら、「子どもの養育についての自分の権利を知りたい」と真っ先に考えるでしょう。虐待事件が捜査中ならば、子どもは里親の下で保護されているかもしれません。そうすると、まず親権が問題になってきます。

 

この場合は、女性のためのシェルターやレイプ救援センターに早めにおもむきましょう。法律や、とるべき諸手続きは州によって違いますが、司法手続援助者が、これから対処すべき事がらについて情報を提供してくれます。

自分の権利に関する確かな情報を得るまでは「いかなる書類にもサインしてはいけない」とアドバイスする母親もいます。(……)

 

 

性的な虐待をうけた子どもの母親がレズビアンであった場合、その性的指向が問題にされることが時々あるようです。よくあるのは近親姦で、その子の父親が加害者であった場合です。

 

たとえば、父親が子どもの親権を獲得するために、母親の性的指向を持ち出す(「レズビアンの母親は子育てには不向きだ」と主張したりする)かもしれません。

また、虐待を訴えられた時も、「彼女は自分の親権を得たいから、虐待をでっち上げているだけだ」と言い逃れしようとする可能性もあります。

 

虐待の訴えやカウンセリングに同性パートナーを同伴する時も、注目を浴びるかもしれません。このような問題を抱えた場合は、しっかりした支援ネットワークをもっておくことが欠かせません。

また、近親姦レズビアンの母親の親権問題について詳しい弁護士に相談しましょう。

 


p.78、p91-92

  

子どもが性被害をうけたとき―お母さんと、支援者のための本―

子どもが性被害をうけたとき―お母さんと、支援者のための本―

 

 

【関連】