The Reverberator

EFFORTLESS FRENCH

大学における雇い止めが〈危機〉であるならば、どうしてそれに対する〈配分〉は不均等なままである(あり続けさせている)のか──クィア・ポリティクスはどんな主張をまことしやかに説いてきたのか。「クィア・スタディーズはネオリベラリズムへ警鐘を鳴らしていた/いる」という自画自賛と自慢話はもう聞き飽きた。「クィア理論は20年の蓄積がある」と威張り散らしておいて、これはないだろう? なぜ、こんなものに科研費という税金が投入されなければならないのか。そんな金があったら生活保護やホームレス支援にまわせばいい。

東北大、無期雇用採用試験で131人不合格 雇い止めか 朝日新聞 2017年11月29日

www.asahi.com

改正労働契約法では来年4月から、通算5年を超えて契約更新を繰り返すと、労働者が無期雇用化を求めることができる。このため東北大は5年を超える契約更新ができないように規則を変更。現在の非正規職員を対象に、業務などを限定した無期雇用の正職員を募集していた。 

 

2018年問題迫り「無期転換」求める国立大職員「金がないからできないは都市伝説」 弁護士ドットコム 2017年12月04日

www.bengo4.com

 ……本来の受験資格者は来年通算5年を迎える人に限っても約1100人、全体では3000人以上。一部の採用枠で受験条件とされていた部局や教授の推薦がもらえず、そもそも試験を受けられなかった人がいるという。さらに、合格者のうち約6割は、プロジェクトの終了や教授の退職とともに雇い止めされる。組合によると、宮城労働局はあらかじめ解雇要件を定めた無期雇用として問題視していないそうだが、組合は「事実上の有期雇用だ」と批判している。そもそも、試験を課すことが脱法行為との立場だ。

東京大学でも、今後1万人を超える有期雇用者が雇い止めされる危機があるという。同大教職員組合の佐々木彈執行委員長は、「金がないから無期転換できないという都市伝説がある」と発言。「無期転換しても、待遇は改善しなくて良いから、金はかからない。慣れた人を雇い止めしても、結局新しい人を雇う。誰の得にもならないことが周知されていない」と力説した。

 

東大、東北大…国立大学で進む「雇用崩落」の大問題 現代ビジネス 2017.09.21

gendai.ismedia.jp

 東大での非常勤教職員の雇い止めは2009年頃から始まりました。その時にも『特任の職員』という制度を新設するので、継続して働きたい人は受験してくださいと言われました。しかし、どの部局も予算がなく、結局ほとんど募集はありませんでした。その時の経験から、今回の公募も、自分が働く部局では募集がないのではと、多くの非常勤教職員が不安を抱いています」 

 

「研究室の母」が雇い止めに…? 「大混乱」と現場反発 朝日新聞 2017年11月17日

www.asahi.com

 1年契約を更新し続け、勤続12年になる。週5日勤務し、いまの時給は1210円。成人した長女や次女の奨学金返済などを手助けするのに欠かせない。  

 

 

大学における雇い止めが〈危機〉であるならば、どうしてそれに対する〈配分〉は不均等なままである(あり続けさせている)のか──クィア・ポリティクスはどんな主張をまことしやかに説いてきたのか。どのような大学教職員の在職をより容易にし、それをそうし続け、一方で、どのような大学教職員の就労をより困難にし、それをそうし続けているのか。どうしてそれに対するクィアな応答のマニュアルを参照しないのか? 
クィア・スタディーズはネオリベラリズムへ警鐘を鳴らしていた/いる」という自画自賛と自慢話はもう聞き飽きた。それ、嘘だろ? 専任教員として雇い止めに曝されない人たちと、労働者としての権利を奪われ容易く雇い止めに曝されている非正規の人たちを、現に「その大学」では振り分けているではないか。「クィア理論は20年の蓄積がある」と威張り散らしておいて、これはないだろう? なぜ、ここまでのデタラメ振りが露呈した「クズ学問」に、こんなことばかりしている「クィア」なんてものに勝手に強引に包摂されなければならないのか。なぜ、こんな者たちの研究対象にされなければならないのか──そんな権能はどこにあるのだ? それは人権侵害だと何度言ったらわかるのだ? なぜ、こんなものに科研費が必要なのか。なぜ、こんなものに税金が投入されなければならないのか。そんな金があったら生活保護やホームレス支援にまわせばいい。

  

悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです。だから、邪悪な日によく抵抗し、すべてを成し遂げて、しっかりと立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。

 

エフェソの信徒への手紙 6.11-13  新共同訳聖書

 

 

【関連】