読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Reverberator

メモ用

法制審答申案 強姦、非親告罪に、性別の前提もなくなる

性犯罪「親告罪」撤廃へ…法定刑引き上げ厳罰化 読売新聞

2016年06月16日

 性犯罪を罰する刑法の規定の見直しを議論してきた法制審議会(法相の諮問機関)の部会は16日、被害者の告訴が起訴の条件となる「親告罪」規定の撤廃や、強姦ごうかん罪の法定刑の引き上げなどを盛り込んだ答申案をまとめた。

 

親告罪規定は、被害者のプライバシーなどに配慮するため、明治時代に設けられた。しかし、性犯罪被害者が捜査機関に告訴状を出す負担は大きく、被害が潜在化する恐れが指摘されているため、答申案では規定を撤廃するとした。

 

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160616-OYT1T50087.html

 

厳罰化へ要綱 強姦、非親告罪に 法制審部会 毎日新聞
2016年6月16日

◇要綱の骨子

強姦罪と強姦致死傷罪の法定刑の下限を引き上げる

強姦罪の加害者、被害者の性別を問わなくする

・強制わいせつ罪で処罰される行為で、一部の悪質性の高い行為は強姦罪で処罰

・強制わいせつ罪と強姦罪、わいせつや結婚目的の略取誘拐罪を非親告罪化し、改正法施行前に起きた事件も同様の扱いとする

・18歳未満の子供を監督・保護する者が影響力に乗じてわいせつな行為や性交などに及んだ場合の罰則を新設

・同一機会に強姦と強盗をした場合、その先後を問わず罰則を統一する

 

http://mainichi.jp/articles/20160617/k00/00m/040/086000c

 

性犯罪厳罰化、刑法改正へ=男性被害、親子間も対象-法制審 時事通信
2016/06/16

 現行法は、強姦罪の被害者を女性だけとしているが、要綱案では男性も被害者として扱う。対象行為についても、通常の「性交」に限定していたものを、性交に類する行為も含む「性交等」とした。
 また、親が監護者としての影響力を行使し、子に性犯罪に及んだ場合などの規定も新設。従来は児童福祉法などで軽い罪で済んでいたが厳罰化する。このほか、強盗と強姦を同じ場所で行った場合、どちらが先行したかで法定刑が異なっていたが、どちらが先でも「無期または7年以上の懲役」に統一した。

 

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016061600355&g=soc

 

強姦罪など告訴不要に 性犯罪、厳罰化へ 法制審答申案 朝日新聞
2016年6月16日

 「強姦」の考え方も大きく変わる。「男性が加害者、女性が被害者」という性別の前提がなくなるほか、性交に類似する行為も、強姦罪として扱う。法改正時には「強姦罪」の呼称が変わる可能性が高い。

 また、18歳未満の子どもに対し、親などの生活を支える「監護者」が「影響力に乗じて」わいせつ行為や性交をすることを罰する罪も新設される。被害者が抵抗をしたかどうかに関係なく処罰でき、親による性的虐待などが対象になる。

 被害者の間には、監護者以外による強姦や強制わいせつ罪についても、「暴行や脅迫」という成立条件をなくし、抵抗の有無にかかわらず処罰できるように改めるべきだ、という声もある。しかし、有識者会議の時点で、「現行でも暴行や脅迫の程度は幅広く解釈されている」として、部会では議論の対象にならなかった。

 

http://www.asahi.com/articles/ASJ6J4PTZJ6JUTIL029.html