The Reverberator

メモ用

ディアーヌ・ド・マルジェリーは『ある婦人の肖像』の仏訳版序文で「この『ある貴婦人の肖像』の頁を閉じるや否や、私たちはサスペンスの只中に残される」と書いた。「腐敗して行く結婚生活を通して、緩慢な地獄降りを私たちが辿らされた、このイザベル・アーチャーとは、果たして何者なのか?」。

──『小説家ヘンリー・ジェイムズ』より