読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Reverberator

メモ用

チャイルド・マレスターは「チャイルド・ポルノ」を利用する、子どもにそれを見せそれと同じことをするよう要求するために利用する、子どもにそれを見せ「それ」が自然な行為であると説得するために利用する、子どもを洗脳し、共犯者に仕立てるためにそれを利用する、それによってチャイルド・マレスターは自分の行為を正当化する

ロジャー・J.R.レヴェスク『子どもの性的虐待と国際人権』(萩原重夫訳、明石書店)より。なお、下記原文中では「ペドファイル」という言葉が使用されているが、実際に現実に子供に接触しようとする者はそのことによって「チャイルド・マレスター」と呼ぶという意見があり、それをPC(ポリティカル・コレクトネス)的に解釈しタイトルにはそれを反映させた。

チャイルド・ポルノの利用はまた、その搾取的性質を際立たせる。チャイルド・ポルノは、子どもの性的虐待と、結び目を解けないほどしっかりと結びついているように見える。ポルノ製作中の子どもの性的虐待は、搾取の一部に過ぎない。チャイルド・ポルノの有用性の多くは、子どもの心理的抑制度を下げ、子どもを、写真や雑誌に描写されていたのと類似の行為に関わらせるよう、促すために利用されることから出てくる。ポルノは、子どもを訓練し、またある性行為を楽しめるのだと子どもを説得するのに役立つ。ポルノは子どもに、どのようにポーズを取り、あるいは場面を演技するのかを含めて、どのようにふるまうべきかを指示を与える。

同様に、チャイルド・ポルノはまた、子どもを興奮させ、その性的好奇心を掻き立てるのにも役立つ。大人との性行為には気が進まず、また性的に露骨な写真のポーズを取るのをためらう子どもは、時に他の子どもが一見行為を楽しんでいるのを見て納得させられる。同様に重要なのは、ポルノは、子どもたちがするように頼まれていることは、「大丈夫」だと子どもを説得するのに強力な道具を提供する点である。写真は、虐待者の要請を正当化し、虐待を正常と見せかけるのに役立つ。


(中略)

 

チャイルド・ポルノについて、同様に破壊的だがしばしば無視される側面は、ペドファイルが、自分たち自身の虐待行為を正当化するために、ポルノ素材を用いる方法である。証拠によれば、チャイルド・ポルノは見る者に、子どもに対する性犯罪を実行させる誘因となる。その意図された最も直接的な効果は、性的刺激を生むことである。ポルノは、ペドファイルが、現実に関する異なる見方、すなわち、彼らが継続的に被害者の行為と反応を再解釈する見方を築き上げるのを可能とする。それが子どもに虐待を正常なものと受け取らせるのと同様、ポルノは、子どもは誘惑的で、性交渉から楽しみを受け取り、性的関係を望んでいると示唆することにより、彼らの行動を正常なものとしてしまうのである。

同様に、チャイルド・ポルノは、虐待者が子どもを虐待する前に、彼ら自身の性的刺激を高め、彼らの虐待が、被害者の行動によって支持されているとの再解釈をするのにも役立っている。ある研究では、三分の一以上が、犯罪の実行をポルノによって刺激され、子どもの性的虐待を行った者の半分以上は、ポルノが、犯罪の準備のために意図的い用いられたことを指摘している。こうした結果によって、青少年への加害の研究における確証を見出すことができる。一つの重要な研究が明らかにしているように、研究者が、性的虐待の被害者にポルノについて尋ねなくても、回答者のおよそ四分の一が、性的行為の前に大人の犯罪者がポルノを使ったことを偶然、自発的に証言している。このような結果はハードコアの入手可能性と、学齢期の少女への性的いたずらの明らかな減少との間に関連性を見出した、デンマークの研究に不適切に則った理論である。チャイルド・ポルノが何らかの点で「安全弁」として作用するとする一般的な誤った考えに対する反論となる。

 

p.107-109 

 

【関連】

「被害者が特定される」として、加害者の性別や年齢、施設名、発生時期など具体的なことは明らかにしない

2015年度に高知県内の児童施設で性的虐待あるも詳細明かさず

高知新聞 2016.09.01  

 高知県内の児童福祉施設で2015年度、保育士による10代の男子への性的虐待があったことが31日、分かった。高知県児童福祉審議会で県が報告した。

 高知県児童家庭課によると、児童福祉施設に勤務する保育士が男子と勤務時間外に連絡を取り合い、施設外で性的行為をしたという。

 高知県は「被害者が特定される」として、保育士の性別や年齢、施設名、発生時期など具体的なことは明らかにしていない。

 施設側が高知県に報告し、高知県は施設を所管する法人に2016年6月、文書による改善指導を行ったという。

 

https://www.kochinews.co.jp/article/46142/

 

 

東北大学で非正規教員3200人「雇い止め」の恐れ、「優秀な人を継続雇用する制度を導入する予定」 ~ クィア・ポリティクスと齟齬のある事象、ネオリベラリズムとの親和性

東北大、非正規教員3200人「雇い止め」? 非常勤講師労組がブログで告発 J-CASTニュース

2016/6/ 1

 首都圏大学非常勤講師組合の「告発」は、2016年5月31日のブログに掲載された。それによると、東北大学は2018年以降、その時点で6年以上勤務する非正規教職員を、順次雇い止めする方針を固めたのだという。予想される対象人数は、およそ3200人。J-CASTニュースが取材した首都圏大学非常勤講師組合の関係者によると、無期雇用への転換となるのは04年の独立行政法人化のときから働いている教職員などで、各教職員にはすでに自身の雇い止め期日を知らせる文書も配られているらしい。

 関係者によると、対象の非正規教職員は16年4月の学内説明会で2年後の雇い止めを通告された。ただ、説明会で配布された文書には「無期転換候補」となれる「選考基準」も示されており、それには正規職員と「同等、あるいは同等以上の成果を出すと見込まれるものであること」と記されているという。改正労働契約法の「無期転換ルール」とは異なる基準とみられる。組合関係者は

  「正規と同じ仕事をして欲しいなら、正規職員を雇えばいいじゃないですか。大学側は雇い止めの理由を『無期雇用を活用するため』と言っていますが、おかしな話ですよ」

と批判する。

 

 

大学教職員の「雇い止め」問題は「無期転換ルール」との兼ね合いで、以前から話題となっている。日本の大学は非常勤講師やTA(ティーチングアシスタント)といった非正規の教職員を多く抱えている。彼らのほとんどは大学と有期雇用契約を結び、1年ごとに契約を更新する。契約期間を過ぎれば契約を解除されてしまう不安定なポストだ。

 そんな非正規教職員の数はここ数年右肩上がりだ。文部科学省が15年3月31日に発表した資料「大学教員の雇用状況に関する調査」によると、07年度から13年度の間に任期付きの教員が4000人も増えている。教員数全体に占める任期付き教員の割合は27%から39%に上昇。逆に、無期雇用の教員は約1400人減った。

  

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160601-00000005-jct-soci

 

非正規雇い止めの恐れ 組合と東北大が団交 河北新聞

2016年06月28日

13年4月施行の改正労働契約法は、非正規労働者の有期契約が繰り返し更新されて通算5年を越えた場合、労働者が希望すれば期限の定めなく働き続けられる契約に転換できるとしている。
 東北大は14年3月に非正規職員の就業規則を改定し、それまで最長3年以内だった通常契約の雇用期間を最長「5年以内」とし、13年4月にさかのぼって適用した。
 この結果、大学当局は18年4月以降、非正規職員が期限の定めなく働き続けられる通算5年に到達する直前に雇い止めとすることができる。国立大学法人化した04年4月以降に採用の非正規職員はほぼ全員、雇い止めとなる可能性がある。
 組合の申し入れに対して当局は「優秀な人を継続雇用する制度を導入する予定」と回答したが、詳細の説明は避けた。組合は再回答を要求し、9月に団交を再開する。 

 

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160628_13039.html

 

【関連】

あなたがもし、10代の少女で、レズビアンで、イスラエルの小さな町に住んでいたら ~ 『Barash』

THE TIMES OF ISRAEL』に Michal Vinik 監督による映画『Barash』の紹介記事が載っていた。イスラエルの地方の町に住んでいる10代のレズビアンを描いた作品──とりわけセックスとドラッグの経験を。

www.timesofisrael.com

 

 Michal Vinik のデビュー作品で、監督自身がこういう映画をずっと見たくてこういう映画を作った、と語っている。恋愛映画はたくさんあるけど、私や私の友達のような女の子はそこには登場しない、だってみんな男の子のことばかり思っているのだから、と。

The film, said Vinik, is part of a new generation of lesbian movies that are more about sexuality and maturation and less about falling in love with another female.

“Lesbianism is old news,” she said. “It was very important to me that there wouldn’t be confusion about what ‘Barash’ is or isn’t.”

 

http://www.timesofisrael.com/a-coming-of-age-film-for-a-newer-age/

 


Teaser trailer de Barash (HD)

 

f:id:HODGE:20160622015737j:plain

 

www.afterellen.com

 It’s official: Israeli teenagers are too cool for us all. At least the teens in writer/director Michal Vinik’s Barash are. Seriously, this movie bleeds cool in a way a lot of American indies only wish they could. But the coolest part? Watching two angsty teenage girls fall for each other. 

 

www.imdb.com

 

イランの詩人パヤム・フェイリ、イスラエルへ亡命申請 首にはダビデの星の入れ墨も

イランの同性愛詩人、敵対国に亡命=「隠して生きたくない」-イスラエル 時事通信

2016/06/18

イスラエル商都テルアビブは、世界屈指の「ゲイ・フレンドリー」な都市として知られる。ここに現在、イスラエルの敵対国イランから逃れ、亡命申請している同性愛者の男性詩人がいる。パヤム・フェイリさん(30)だ。
 「ゲイである自分を隠して生きるなんて嫌だった」。ピンク色のスカーフを首に巻いたフェイリさんは、ゆっくりとした口調ながらも力強く言い放った。イランではシャリア(イスラム法)に基づき、同性愛者は死刑に処される恐れもある。それでもフェイリさんは同性愛者であることを公にしていた。
 イラン西部ケルマンシャー生まれ。15歳で詩を書き始め、19歳の時に初めて詩集を出版した。間もなく保守強硬派のアハマディネジャド大統領(当時)が就任。詩の政治的・反宗教的な要素が問題視され、当局の「ブラックリスト」に載った。それ以降、イランでの出版はできなくなった。
 身の危険を本格的に感じたのは2年前のことだ。3作目をイスラエルで出版しようとしたのがきっかけだったという。一部メディアでは44日間拘束されたと報じられているが、当時の話になると「その話はしたくない」と口を閉ざした。
 母親に説得されて2014年夏、トルコに逃れた後、15年11月に「ずっと夢だった」イスラエルにやってきた。映画などを通じてイスラエルに興味を持っていた。「敵対関係は政府の話。国民、特に若者はそう思っていない」と断言。首にはイスラエルの国旗にも描かれているダビデの星の入れ墨が彫られている。 

 

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016061800195&g=int

 

f:id:HODGE:20160620230444j:plain

Meet the Gay Iranian Poet Who Has Taken Refuge in an Unlikely Place: Israel [TIME]

March 3, 2016

Payam has also long been interested in Israel, the “forbidden fruit” of a country—a trait that earned him additional suspicion at home. “There’s something very important about the Jewish people’s history. The Holocaust is why this country exists.” He was not scared of expressing such views even in interviews in Iran. “I used to say that if I could leave Iran I hoped to go to Israel,” he tells me, smiling. “I was stupid, really stupid! But don’t get me wrong—I love my stupidity! I would do it again. I have no regrets.”

 

 

www.thedailybeast.com

“My poems are nothing for them to fear, but they fear everything,” he wrote of the Iranian government in a speech for a campaign called I Am Payam to raise funds to publish his collection of love poems called White Field. In them, he writes mournings for Iran’s imprisoned activists, tributes to a deceased lover, and of his own inner battles. But at the same time, Feili, who has suffered from health problems related to stress and depression, had been interred in a mental hospital.

“Oh! How I drift like you Boy
Oh! How I anguish like you Boy

Leaving brings sorrow
Staying brings sorrow
Loitering in these abandoned streets brings sorrow

I grieve for my morning paper, vilified
I grieve for my books, bowdlerised”
 

 

Payam Feili  

https://en.wikipedia.org/wiki/Payam_Feili

At the end of 2015, Feili visited Israel as a guest of the Israeli Ministry of Culture. The visit was organized with help of culture and sport minister Miri Regev and interior minister Silvan Shalom, who issued a special permit, due to travel restrictions on the entry of Iranian citizens.

 In 2016, Feili applied for asylum in Israel, which he described as an “interesting, beautiful and amazing” place. He says Israel is "not just another country. For me it’s like a fairytale place.” In March 2016, Feili's visa have been extended to allow him to stay while asylum request is being proceeded.